blog index

医療事務-仕事と資格

医療事務の仕事や医療の現場、診療報酬明細書(レセプト)点検やレセプト作成のコツ、医療事務資格・検定の学習法(独学・通学講座・通信講座・専門学校や短大)、医療事務の給料や待遇、医療事務の求人の状況や就職、診療報酬改正情報等の医療事務に関する最新の情報をご紹介する
スポンサードリンク


医療事務の仕事、診療報酬明細書(レセプト)点検やレセプト作成のコツ、医療事務資格・学習法(独学・通学講座・通信講座・
専門学校や短大)、医療事務の求人の状況や就職、診療報酬改正情報等の医療事務に関する情報をお届けします
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | 医療事務-仕事と資格|
医療事務
病院や診療所などの医療機関では、医師による診療行為だけでなく、受付業務・会計業務・オペレーター業務などの事務作業が多く発生する。 医療事務は、この様な医療機関での全ての事務作業を担当するわけである。患者数の増加や事務作業の細分化、医療制度の複雑化などを背景に、医療事務のスペシャリストが近年注目されてきた。

医療事務は、女性を中心にとても人気がある職業である。それは医療事務に多くのメリットがあるからである。医療事務は、結婚や出産で一時仕事から離れても、専門知識や能力が必要とされるため、復帰しやすいのが特徴である。
医療事務は病院や診療所で、病気やケガで困っている患者さんのために働いているという実感が得られる仕事である。医療事務として患者さんからお礼を言われることも多い。医療事務は、あなたのやりがいをかなえてくれる仕事なのである。

◇医療事務の仕事
一般事務の場合は、パソコンの通常スキルがあれば、特に求められるスキルはない場合が多いが、医療事務の場合は専門職が濃い事務職であるといえる。医療事務の業務内容は多岐にわたるが、大別すると診療報酬明細書(レセプト)の作成と受付・助手業務にわけられる。 レセプトとは、いわゆる請求書であり、医療機関の経営面での根幹となる。一般に病院や医院に勤務して患者の応対、レセプト等をこなしていく訳だが、同じ医療事務職でも病院・医院や規模が違うだけで全く違う仕事になってしまう。しかし、医療事務の仕事にはとても経験が必要とされる。特に医者や看護師と同じく人の生命をあずかる仕事なので、当然事務手続きもミスは許されない。ここが医療事務の専門職と言われる所以である。医療事務に従事するのであれば、まずミスの許される仕事ではないことを認識しなければならない。逆に、医療事務はそれだけやりがいのある仕事だということができる。
また、受付・助手となると直接患者様との接点として、来院した患者様の最初と最後に会話を交わすことになるため、医療事務は、医療機関の「顔」ということができる。

医療事務は専門職が濃いながらも時間にある程度融通がきく職場が多いのも魅力の一つでといえる。限られた時間内でしか仕事ができなくても、将来的に安定した職能を身につけたい人には医療事務はピッタリの仕事ということができる。
| 医療事務の仕事 | 医療事務-仕事と資格|
医療事務の資格
医療事務の資格試験はいくつかある。
医療費の請求(レセプト点検・作成)を行う専門家である医療事務の資格試験は、その医療事務資格試験の全てが、医師や看護師などの 資格と異なり国家資格ではない。
つまり医療事務の仕事をする際は、 医療事務資格の取得は義務付けられていないのである。
しかし、その様な状況でも医療事務の資格は現在とても人気のある資格のひとつである。なぜか?それは、国家試験ほどの難易度はなく比較的容易に合格できる点、医療専門学校在学中に資格の取得が義務付けられている点などもあるが、やはり一番の理由としては医療事務などの医療スタッフとして就職に有利に働くというのが人気の原因となっているのである。
医療事務の資格取得や勉強法については書籍が多く出版されているが、独学以外では医療事務の通学・通信講座もある。 医療事務の資格試験は各試験によって多少難易度は異なるので、時間に余裕があるのであれば独学でも医療事務資格取得は可能である。
しかし、短期間で合格を目指している方や働きながら勉強している方は医療事務の専門学校への通学や通信講座を利用した方が効率よく取得することができる。
医療事務の勉強方法に正解はないので、自分のライフスタイルに合わせて資格試験の学習プランをご検討頂きたい。


◇主な医療事務の資格試験◇

■厚生労働省認定の『診療報酬請求事務能力認定試験』
試験日程:7月、12月(年2回)
試験内容:実技試験
      診療報酬請求事務の実技
     学科試験
      医療保険制度、公費負担医療制度の概要、保険医療機関、
      療養担当規則等の基礎知識等

■日本医療教育財団主催の『医療事務技能審査試験』
試験日程:1級 6月、12月(2月)
     2級 毎月実施
試験内容:1級
      1.筆記実技1・・・・接遇、コミュニケーション技能
      2.筆記実技2・・・・診療報酬請求明細書作成・点検
      3.学科・・・・医療事務に関する専門知識(択一式)
     2級
      1.筆記実技1・・・・接遇、コミュニケーション
      2.筆記実技2・・・・診療報酬請求明細書作成・点検
      3.学科・・・・医療事務に関する専門知識(択一式)

■日本医療事務協会主催の『保険請求事務技能検定試験』
試験日程:隔月年6回
試験内容:実技試験
      レセプト作成など
     学科試験
      医療保険制度、診療報酬・薬価・材料などの基礎知識について、
      医学・薬学の基礎知識など

■技能認定振興協会主催の『医療事務管理士技能認定試験』
試験日程:奇数月末に実施(年6回)
試験内容:実技試験
      診療報酬明細書の作成(医科、外来、入院、歯科、外来)
     学科試験
      医療事務に関する筆記試験(択一式)
| 医療事務の資格 | 医療事務-仕事と資格|
医療事務員としての就職と適性
医療事務の資格を取得すれば、医療事務未経験でも就職・転職できるのか?という疑問を持っている方は多い。結論からいえば、どちらともいえない、というのが答えである。医療事務未経験者に対する求人というのはタイミング次第。求人全体の割合でいえば、医療事務経験者を希望する求人が7〜8割程度。これは、やはり医療事務現場において教育にかける時間に限りがあることからそういう求人形態になってしまうのである。しかし、誰でも最初は医療事務未経験者なのである。未経験でも構わないという医療事務求人も確実にはあるのである。その際は、面接で人柄等をしっかりチェックするので、アピールができれば十分の採用の可能性はあるのである。

また、人柄以外にもその方が医療事務の適性があるかどうかの判断も行われる。必須とまではいかないものの専門的なレセプト等の場合、ミスは許されないため日常生活で数字等をよく間違える人は要注意。また医療事務とはいえ、接客業の部分があるため明るい笑顔での対応がとても大切である。もし医院の業務が多忙になり、医療事務に従事しているあなたも何らかの業務等を手伝ったり、電話の応対で振り回されている場合、イライラしないこと。これはとても大切な医療事務の適性要素である。なぜなら、そのイライラを患者たちは敏感に察知するのである。明るい挨拶ができること、思いやりがあること、数字を間違えないこと、素直に何でも聞けるような雰囲気作りを常に心掛けておくこと。当たり前といえば、当たり前のことではあるが、これらの適性を持っていないと医療事務としては厳しいといえる。

医療事務の仕事それ自体が極めて専門職の強いもので、かつ、生命に関するところの事務仕事であるため、絶対にミスは許されない。患者への応対から始まり、あらゆる場面で判断というものが要求される。また、診療報酬請求の実務においても毎年点数が異なる等業務の複雑さは想像に難くない。しかし、医療事務経験をしている人であれば、報酬の点数等が変更されても臨機応変に対応していくことが可能になる。医療事務の経験は積めば積むほど職として安定することになる。
| 医療事務の仕事 | 医療事務-仕事と資格|




bolg index このページの先頭へ